ハンバーグ弁当・習い事のお迎えで思い出したこと

ハンバーグ弁当

夫弁当

牛豚の合いびき肉を買ってあったので、ハンバーグ弁当にしました。

朝から玉ねぎを刻んで、タネをコネコネ。

今日はちゃんと手作りしてるぞーという充実感。

副菜も、出来合いの物はなく、手作りの春雨サラダとピーマン&ベーコンの炒め物。

卵焼きもなかなか上手に焼けた。

娘弁当

娘のお弁当には、小さなハート型のハンバーグ。

卵焼きもハート。

おにぎりはお気に入りの昆布のおにぎり。

デザートに苺も入れたから、きっと喜んで食べてくれるはず(*^^*)

習い事のお迎えで思い出したこと

昨日の娘の体操のお迎えの時のこと。

コロナの影響で、ここ2週間ほど時間が短縮されてお迎えの時間が早くなっています。

娘を迎えに行って、車に乗せて出発しようとエンジンをかけたとき、甥っ子君がドアをコンコンと叩いてきました。

どうしたのかと思ったら、お迎えが来ていないとのこと。

これはお迎え時間間違えてるなー(^^ゞ

ということで、送り届けるとメールで連絡して、甥っ子君の家へ。

甥っ子君の両親は共働きで、おじいちゃんおばあちゃんと同じ敷地に住んでいるので、無事おじいちゃんの所へお届けしました。

そこで思い出したのが、息子が小学生だったころ。

今は専業主婦だけど、そのころはフルタイムで働いていた私。

たしかにそのころは、仕事に家事に子育てでいっぱいいっぱいで、子供のスケジュール管理や学校の連絡事項なんかがすっぽり抜けてしまって、息子に申し訳ないと思うこともたくさんあったし、周りの人にもずいぶん助けられていたと思います。

ひどかったのが、ぼけぼけの土曜日に、息子が登校日なのを分かっていたはずなのに、制服のズボンを洗濯機へ入れってしまったこと。

すでにびしょびしょになって洗濯機で回っているズボンを慌てて引っ張りだして、息子と二人でドライヤーやアイロンで乾かしたっけ。

遅刻すれすれの時間になって、優しい息子は半乾きのズボンを履いて文句も言わずに登校していきました(´;ω;`)ウゥゥ

その時は自分の馬鹿さ加減に驚愕して落ち込んだけど、今となっては笑い話です。

忙しい生活だったけど、働いているっていう事はそれなりに充実感もあったなー。

そんな経験もあった私が、今は娘と向き合える時間がたくさんある。

それもとても幸せなことだと思うので、毎日大切に過ごしていこうと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました