鶏の照り焼き弁当・IHコンロの適温調理機能が便利だと気づきました

今日は突然お掃除モードに入り、玄関のガラス拭き・玄関ドア周り・車のフロントガラスの内側を朝から拭き拭き。

こういう時に、気持ちに逆らわずにやってしまうと、気分良く一日を過ごせます。

このお掃除モード、毎日やって来たらいいのに…。

鶏の照り焼き弁当

鶏の照り焼き

鶏もも肉の厚みが均等になるように切り込みを入れフライパンで焼いて、仕上げに醤油大さじ1・酒大さじ1・砂糖小さじ1を合わせたタレを絡めました。

しょっぱくなりすぎるので、タレは少しずつ様子を見て、必要な分量だけかけています。

マカロニサラダ

マカロニサラダが食べたいと思い、昨日スーパーでマカロニを買ってきたのですが、家に買い置きのマカロニがすでにありました。

最近、いろいろなことが覚えていられない…。

ということで、マカロニサラダにマカロニグラタンと、どんどん消費していこうと思います。

息子弁当

おかず入れが小さくて詰めずらい息子弁当。

コンビニでお菓子やパンを買っておやつを食べるので、お弁当はこれぐらいでも足りるようです。

幼稚園生の娘がキャラクターに惹かれてねだってくるふりかけが余りがちなので、息子のお弁当に入れています。( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

IHコンロの適温調理機能が便利だと気づきました

キッチンのIHコンロに、こんな機能がついています。

家を建ててからもうすぐで6年が経ちますが、ずーっとこの機能の存在を気に留めていませんでした。

最近、勝間和代さんの本を読んで、調理家電の性能の良さや利便性について考えるようになり、IHコンロのこの機能ももしかしてすごく使えるものなのでは…と思ったのです。

今朝は、適温調理機能を使って、お弁当の二品を作ってみました。

まずは「焼き物」メニューで鶏の照り焼き。

「焼き物」メニューに設定して加熱を始めると、フライパンの温度を220℃に熱して適温になるとお知らせしてくれます。

適温になったら鶏肉を入れて、両面を蒸したりしながら焼きました。

仕上がりは、とてもしっとりふっくら仕上がっているように見える!

肉を切る時も、ふわっと柔らかいのが分かります。

いつも私が作るのは、もうちょっと固い仕上がりだったと思う。

きっと火力が強すぎたんだと思います。

お次は数日前から挑戦中の「卵焼き」メニュー。

こちらも私の火加減よりは弱めの設定のよう。

いつもマイヤーの卵焼き器で2個分の卵を溶いたものを2回注ぎ入れて焼き上げるのですが、この卵焼きメニューだと、3回に分けて入れないと上手く焼けません。

数日挑戦して、やっとコツを掴めてきた感じ。

「卵焼き」メニューで焼いた卵焼きもしっとりふわっと焼き上がり、卵の黄色い色が鮮やかに出来上がります。

せっかく便利な機能があるのに、勉強不足で使いこなせていないものがたくさんあるような気がしてきました。

宝の持ち腐れにならないように、改めて家の中のものに目を向けてみようと思います。

最近のIHコンロは、スマホと連携したり、ハンバーグの裏返しのタイミングを教えてくれたり、鍋の吹きこぼれを防止してくれたりするらしい…。

勝間和代さんのおかげで、家電の目覚ましい進化を知ることができました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました