【圧力鍋】圧力鍋で骨まで食べられるサンマの生姜煮を作りました。

圧力鍋、短い時間でよく煮込まれた美味しい料理が作れるので、私はよく使います。

使ったことのないお友達に圧力鍋の話をすると、怖い・面倒くさいなどというイメージのようです。

すごく便利な調理器具だということを伝えたい。

なので、今日はサンマの生姜煮作りを、圧力鍋の使い方と一緒にご紹介してみます。

我が家の圧力鍋はワンダーシェフ

我が家で愛用しているのは、ワンダーシェフというメーカーの『魔法のクイック料理』という圧力鍋です。

こちらの圧力鍋は、日本最高クラスの超高圧力で調理できるというもの。

140キロパスカルの高圧で、一般的な圧力鍋よりも料理を早く仕上げることができる優れもの。

以前に同じワンダーシェフの圧力鍋で、もっと圧力の低いものを使っていましたが、加圧時間が倍以上短縮されました。

これから購入を考えている人には、ぜひぜひ高圧力のものをお勧めしたいです。

我が家の圧力鍋は4年程前に買った物。

現在のモデルは、140キロパスカルと80キロパスカルを切り替えて使える仕様になっているようです。

柔らかくしたいお肉は140キロパスカル、火を通しすぎたくない野菜は80キロパスカルなど、一つのお鍋で使い分けができるなんて、ますます便利かも。

まずは蓋の準備

まずは部品。

蓋には4つの部品を取り付けて使います。

蓋を裏返して、真ん中にノズルフィルターというシルバーの小さい部品を取り付けます。

内側にはシリコン製のパッキンをぐるっと取り付けます。

このパッキンが、お鍋と蓋の隙間を無くして密閉状態を作ってくれます。

またまた裏返して表側。

真ん中にピンクの部品と、おもり(黒い部品)を取り付けます。

火にかけて鍋の中に圧力がかかってくると、おもりがシュンシュンと音を立てて動き出します。

これがなんとなく怖い原因かと思いますが、おもりは、鍋の中の圧力を調節してくれる装置になります。

ぐらぐらするので、鍋に蓋をセットしてから取り付ける方が良いようです。

材料の準備をしていきます

スーパーで頭と内臓を取ってくれてある状態のサンマを買ってきました。

4等分に切ります。

鍋の中にサンマと調味料をどんどん入れます。

  • だし汁 300㎖(私は水300㎖と粉末のだしの素を適当に入れちゃいます)
  • 砂糖 大さじ2
  • みりん 大さじ2
  • 醤油 大さじ2
  • 酒 大さじ1
  • 生姜チューブ 5㎝分くらい

私は、甘さを控えめにしたいので、付属のレシピより砂糖とみりんを少な目にしています。

生姜も本物があればスライスした物を入れたいところですが、無い時はチューブの物で代用。

ちゃんと生姜の風味が効いて美味しいですよ。

いよいよ圧力調理をしていきます

蓋をセットしたら、ロックをしていきます。

こちらはロックがかかっていない最初の状態。

ピンクの部品を外側にスライドさせてロックをかけます。

これで中に圧力がかかってくると、フロート(丸いピンクの部品)が上がってきます。

強火にかけて、圧力がかかるのを待ちます。

フロートが上がりました。

もう少し待つと、中央のおもりがシュンシュンと音を立てて動き出します。

おもりが動き出したら、中火にします。

鍋の中に圧力がかかって、高温調理をしてくれている状態です。

イワシの場合は加圧時間10分が目安なので、IHのタイマーを10分にセットしました。

これで、あとはほったらかし。

あっという間に出来上がり♪

10分後にタイマーで加熱が終わり、その後は鍋の中から徐々に圧力が抜けていくのを待ちます。

料理によって時間が違いますが、今回は15分くらいだったでしょうか。

フロートが下りたらおもりを外し、蓋を開けたら出来上がり♪

イワシの生姜煮は煮詰めた方が美味しいので、煮汁が半分くらいになるまで強火で煮て完成です。

慣れてしまえば、使い方も手入れもとっても簡単な圧力鍋です。

このサンマの生姜煮なんて、真ん中の太い骨まで本当に柔らかく煮えて、パクパク丸ごと食べられます。

我が家では、サンマが安く売っている時には、サブおかずとしてよく作っています。

ぜひぜひ作ってみてほしいメニューの一つです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました