【梅酒・梅シロップづくり】いただいた梅で今年2回目の梅酒づくり。梅シロップにも挑戦です。

今年は庭の梅の木から採れた梅の実で、人生初の梅酒づくりをしました。

先日、お友達の所で梅拾いをさせてもらって、たくさんの梅をいただいたので、今年2回目の梅酒づくりをしました。

今回は、娘と一緒に梅シロップづくりにも挑戦です。

梅の下準備

洗面器いっぱいの梅の実。

洗って拭いて、よく乾かしました。

黒いヘタを竹串でひとつずつ丁寧に取りました。

残っているとえぐみが出てしまうそうです。

ザルに分けて量ってみたら、全部で2.5㎏ありました。

娘と一緒に梅シロップづくり

幼稚園から帰ってきた娘と、さっそく梅シロップを作りました。

材料は、梅1㎏・氷砂糖1㎏。

瓶は容量が2ℓの物を使用しました。

梅と氷砂糖を交互に入れていきます。

2ℓの瓶では、すべての材料が入りきらなかったので、残った梅と氷砂糖は梅酒の方に分けて入れてしまいました。

今回は3種類のお酒を使いました

今回用意した梅を漬け込むためのお酒はこちらの3種。

左から、黒糖焼酎・ブランデー・ホワイトリカー。

梅酒づくりには35度以上のお酒が向いているようですが、25度の焼酎でも作れたと書いてあるサイトがあったので、25度の黒糖焼酎も使いました。

前回作った黒糖焼酎と同じもの。

家の梅の木からとれた実と、梅畑の梅の実、味が違ってくるのか実験も兼ねて(^^)/

梅酒づくり

ホワイトリカーの梅酒の材料。

梅500g強・ホワイトリカー900㎖・氷砂糖500g強。

梅と氷砂糖が「強」となっているのは、梅シロップで入りきらなかったものを入れた為。

黒糖焼酎の梅酒の材料。

梅500g強・黒糖焼酎900㎖・氷砂糖500g強。

ブランデー梅酒の材料。

梅500g・ブランデー640㎖・280g。

こんな感じで出来上がり。

一番右は、梅シロップです。

梅シロップは液体を入れないんですね。

氷砂糖が溶けて梅の成分が染み出してきて、梅シロップになるそうです。

不思議~。

梅酒の途中経過

と言っても2日しか経っていない梅酒たちですが。

だいぶ氷砂糖が溶けています。

一日に一回程、瓶を上下逆さまにしてそっと中身を混ぜています。

梅シロップは、下の方に少しシロップが貯まりだしています。

こちらは、一日に2~3回混瓶を動かして混ぜるとよいと書いてあるので、忘れないように頑張っています。

こちらは、黒糖焼酎で6月14日に仕込んだ梅酒(左)と5月25日に仕込んだ梅酒(右)。

5月のは、完全に氷砂糖が溶けて、梅の実の色が染み出してきているよう。

梅酒の観察が毎日の日課になっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました